FC2ブログ

京都歴史回廊協議会

イベント紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

第18回 歴史回廊を極める 開催のご案内[2018/9/28]

2018年9月28日(金)
第18回 歴史回廊を極める
「明治再建強調文東本願寺伽藍にみる木造建築の技と意匠」

を開催いたします。

「東本願寺再発見! 講演と非公開諸殿拝観」
世界最大級の木造建築で知られる「御影堂」をはじめとする数々の歴史的
建築物について学び、さらに境内の諸堂宇、非公開の書院殿を特別に拝観
いたします。

当日のスケジュール(予定)
9時30分    集合、受付開始
10時~12時 真宗教化センター「しんらん交流館」にて 矢ヶ崎 善太郎先生のご講演
12時~13時 昼食 しんらん交流館内レストラン「オリゾンテ」
13時~15時 近松 誉氏のご案内で東本願寺諸堂の見学  
15時頃     解散

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳細は、 下記のチラシをご覧ください。
0928higasihonngannji-1.jpg

お申し込みは、HP下記フォーム・FAXにて承っております。
https://ws.formzu.net/fgen/S34643418/

※定員は40名、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。

スポンサーサイト
2018/08/30 17:38 | コメント(0)

花園大学 京都学講座が開催されます[2018/8/2-8/4]

毎年恒例となりました花園大学「京都学講座」が、
今年度は「天皇・朝廷と京都」をテーマに、
2018年8月2日(木)~8月4日(土)の三日間、
花園大学無聖館5階ホールにて開催されます。

講座には本協議会副会長、花園大学の松田隆行教授が
講演されます。

ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。
詳しくはこちら。
2018071014065905c.jpg


リンク先は
https://www.hanazono.ac.jp/event/event/000747.html

2018/07/10 14:14 | コメント(0)

「京の担い手育成事業―灯籠絵付けと坐禅体験」開催のご案内。[2018/7/30]

2018年7月30日(月)に
「京の担い手育成事業―灯籠絵付けと坐禅体験」
を、妙心寺にて、開催いたします。

先ず、心を落ち着かせて自分と向き合う時間を持つ「坐禅体験」
先祖に感謝をしながらの「灯籠絵付け」
おくどさん(かまど)でおそうめんを茹でて食事をした後は、
自分たちが使った場所(本堂など)を雑巾がけして終了です。

子ども達の「ご先祖さんに感謝する気持ち」の籠った灯籠は、
8月9日・10日に妙心寺山内で行われる「お精霊迎え」の際に展示され、点灯されます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みは、HP下記フォームにて承っております。
https://ws.formzu.net/fgen/S30102831/


tourou-omote.jpg

昨年の様子は
http://kairou2005.blog64.fc2.com/blog-entry-158.html


2018/06/27 10:48 | コメント(0)

「伝統工芸体験-京せんす作りに挑戦」開催のご案内。[2018/7/21]

2018年7月21日(土)毎年ご好評いただいております
京の担い手育成事業「~伝統工芸体験-京せんす作りに挑戦」
を、立命館大学 衣笠キャンパスにて、今年も開催いたします。

京都において古くから伝わる京せんすについて学びます。
職人さんのせんす作りを見た後、実際に京せんす作りの仕上げ(ツケ)を体験します。
苦労して作り上げたせんすは、お持ち帰り頂けます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みは、HP下記フォームにて承っております。
https://ws.formzu.net/fgen/S53053464/



20180721sensu-1.jpg

昨年の様子は
http://kairou2005.blog64.fc2.com/blog-entry-152.html

2018/06/22 16:21 | コメント(0)

第1回学生部会 今、よみがえる京都十刹 「妙光寺」 のご案内[2018/7/1]

7月1日(日)に開催されます
第1回学生部会 今、よみがえる京都十刹 「妙光寺」 
~風神雷神図屏風のふるさとを訪ねて

のご案内です。

 学生部会は、京都の魅力に触れることのできる学生限定の無料ウォークです。

 今回は、京福電鉄「宇多野駅」に集合、出発し、臨済宗建仁寺派「妙光寺」を中心に訪れ、尺八の献笛と坐禅体験をして頂けます。
 同寺は、1336年(延元元年)、後醍醐天皇が、足利尊氏により幽閉されていた花山院を抜け、吉野山へと向かう途中、「三種の神器」を持って仮眠のため立ち寄った寺です。

後醍醐天皇が滞在された時に三種の神器を仮安置していたという部屋は、「神器の間」として今もその名残りを伝えています。
また、同寺は、建仁寺所蔵の「国宝『風神雷神図屏風』俵屋宗達筆)」が本来あった寺です。
同寺では、「神器の間」のある方丈にて、住職に縁起等についてご講演いただきます。

 境内を散策した後、同寺を後にし、浄土宗・捨世派「西寿寺」を訪れます。少し高台にある同寺から見える美しい洛西の風景をお楽しみいただきます。実は、多くのテレビドラマや映画のロケ地としても、有名なお寺です。

そして、最後に、宇多天皇の母である班子皇后を祀る「福王子神社」を訪れて解散とする予定です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みは、HP下記フォームにて承っております。

https://ws.formzu.net/fgen/S57617183/

※定員は20名、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。


201806071711195ba.jpg20180607171120ecf.jpg

2018/06/07 17:20 | コメント(0)
 | HOME | Next »

ページの上部へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。