FC2ブログ

京都歴史回廊協議会

イベント紹介

第10回 歴史回廊らくたび散歩開催のご案内

2021年3月14日(日)
第10回 歴史回廊らくたび散歩 
【平家一門の栄華の地が京の玄関口へ 八条通】

「第10回歴史回廊らくたび散歩」を3月14日(日)に開催いたします。
今回は「平家一門の栄華の地が京の玄関口へ 八条通」と題し、清和源氏発祥の
宮とも呼ばれている「六孫王神社」や平清盛が築いた西八条殿の跡地に出来た
梅小路公園など八条通りをメインに、JR京都駅からJR西大路駅まで約4㎞を
歩きます。

詳細は、 下記のチラシをご覧ください。
八条通チラシ

こちら↓から簡単にお申込いただけます。
https://ws.formzu.net/dist/S14381593/

※定員は30名(先着順)、定員になり次第締め切らせていただきます。

※開催日当日は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用を
お願いいたします。

2021/01/26 16:30

「仁和寺八十八カ所巡り災害復旧ボランティア」について

*こちらは仁和寺様からのご依頼で衣笠キャンパス地域連携課が主となり、
京都歴史回廊協議会もこの企画に協力しました。

2018年の台風21号により、御室八十八カ所巡り第31番札所が倒壊しました。
立命館大学の学生を対象に災害復旧ボランティアを募り、12月22日~26日の
5日間、学生と職員約延べ50名が参加してくださいました。
今回は再建に使用する瓦を運ぶことが主な作業でした。重い瓦を背負い山道
を歩くという大変な作業にもかかわらず、みなさん何往復もして頑張ってくだ
さいました。
雨で足元が悪くなった日もありましたが、大きな怪我も無く、無事に終えることが
出来ました。
今年度はコロナ禍で学生たちが交流する機会が少なかったですが、今回の
企画を通して、回生を超えた交流がたくさん生まれたようでした。
ご参加してくださったみなさま、有難うございました。そしてお疲れ様でした!

仁和寺瓦1 仁和寺瓦2

仁和寺運搬1 仁和寺運搬2

2021/01/22 13:30

学生交流部会「お火焚き祭~火生三昧・火渡り修行~」を開催しました。

11月23日(祝)、西園寺記念館で集合し、徒歩約15分ほどの山中にある
浪切不動寺に向かい、「柴燈護摩」、「火渡り修行」を体験しました。
(25名参加)
参加者の方々に願いごとを護摩木に書いていただき、それそれ燃え盛る炎に
投げ入れ、祈祷をしていただきました。
火渡り(身も心もお不動様と一つになって火を渡り、穢れを祓い身を清める修行)
では、御住職の嶋悠海師が炎の中を渡られたのち、まだ炎があるにもかかわ
らず、12名の勇気ある学生達が渡りました。その後、火を沈めていただき、
ご参加の方みなさまにお渡りいただきました。
最後にお火焚き饅頭や柚子おこしなどの授与があり、充実したイベントを終え
ることができました。

浪切不動寺 浪切不動寺1

火渡り(御住職) 火渡り(学生)

2021/01/22 13:11

京の担い手育成事業 伝統工芸体験「ご朱印帖を作ろう」を実施しました。

2020年11月14日(土)10時より
京の担い手育成事業 伝統工芸体験「ご朱印帖を作ろう」
を実施しました。(総参加者数:52名、制作者数:39名)

当協議会の清水副会長より挨拶の後、総本山仁和寺執行長吉田正裕師より仁和寺の歴史とご朱印の由来についてお話いただきました。

ご朱印帖作りの講師は、昨年に引き続き株式会社尚雅堂の松尾安浩代表取締役社長にお願いしました。実演を交え、わかりやすく丁寧にご指導くださいました。

参加者の方々には、本紙の糊付け作業の後、色とりどりの友禅紙からお選びいただいた紙で表紙・裏表紙を作り、本紙と貼り付けてご朱印帖をお作りいただきました。

紅葉の綺麗な仁和寺の境内の散策、御殿の拝観などで糊が乾くのを待ち、講師の先生に仕上げをしていただいた後、終了・解散となりました。

当初の予定では、お作りいただいたご朱印帖にご朱印をお受けいただきお持ち帰りいただく予定でしたが、紅葉シーズンということもあり、ご朱印をいただくのに時間を要してしまいました。ご朱印帖は事務局がお預かりし後日参加者の方々に郵送いたしました。

今回使用しました友禅紙は、10月開催の「京うちわを作ろう」の京うちわ紙と同じく抗菌・抗ウイルス加工を施したものを使用しました。

会場の換気、手指の消毒など新型コロナウイルス感染症対策を講じ、参加者の皆様にご協力をいただき無事に終了することが出来ました。

秋田氏実演1 作業風景2

作業風景1 ご朱印帖

ご朱印入りご朱印帖

2020/12/15 17:28

学生交流部会「世界遺産 仁和寺の夜間拝観」を開催しました。

2020年11月20日(金)に、学生交流部会「世界遺産 仁和寺の夜間拝観」を開催しました。

2018年の台風21号により倒壊した「御室八十八カ所巡り」の参道・祠復旧作業ボランティアに立命館大学の学生が多数参加してくれました。そのような経緯を受けてこの度、仁和寺様よりご招待いただき実現したイベントです。

今回は100名を超える応募となり、多くの学生に仁和寺を身近に感じ、素晴らしさを体感していただくきっかけとなったかと思います。

ライトアップされた紅葉と建築物を眺めながらゆっくり散策し、撮った写真をSNSに発信したりと多くの方と感動を分かち合っていただけたようでした。



2020/12/01 16:03
 | HOME | Next »

ページの上部へ戻る