FC2ブログ

京都歴史回廊協議会

イベント紹介

第11回 京都歴史回廊 らくたび散歩 開催のご案内

2021年10月17日(日)
第11回 京都歴史回廊 らくたび散歩
【平安京の入口を守る巨大寺院の栄枯盛衰 九条通 】

九条通は、平安京の南端に位置し、通りに面して正面入口に羅城門
左右に東寺と西寺が都を守るために配置されました。現在、東寺は
場所も規模も変わることなく存続し、西寺は石碑が一つ残るだけと
なっています。なぜこのような栄枯盛衰が起こってしまったのか。
その謎を歩くことによって解き明かしましょう。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催日時 : 2021年10月17日(日)
         13:00~16:00(終了予定)
集合場所 : JR東福寺駅
参 加 費 : 会員・家族会員 ・・・1名 1500円
            一般 ・・・ 1名 3000円  
※『会員』とは、京都歴史回廊ファンクラブ会員のことをさします      
定   員 : 30 名(先着順) ※お蔭様で(9月8日)定員に達しました
お申込みフォーム : https://ws.formzu.net/fgen/S14381593/

詳細は、 下記のチラシをご覧ください。

HP用第11回らくたび散歩

2021/09/02 09:57

妙心寺 お精霊迎えの献灯

8月9日、10日、妙心寺でお盆にご先祖様をお迎えする行事、お精霊迎えが
行われました。

京都歴史回廊協議会では、このお精霊迎えに献灯するため、7月26日に
「灯籠絵付けと坐禅体験」を開催し、ご参加の皆さんに灯籠絵付けをして
いただきました。

連日雨がよく降りましたが、10日の夜には雨も上がり、ほのかに法堂を照らす
灯籠のあかりがとても幻想的でした。

今年は新型コロナウイルス感染防止対策のため、多くの方に「灯籠絵付けと
坐禅体験」にご参加をいただくことがかないませんでした。来年度は、より
多くの灯籠のあかりでご先祖様をお迎えできるよう、安心して多くの方に
ご参加いただけるイベントとなればと願っています。

 border=  border=

 border=  border=

 border=  border=

2021/08/23 10:57

「灯籠絵付けと坐禅体験」を実施しました。

 2021年7月26日(月)、妙心寺に於いて「灯籠絵付けと坐禅体験」を

 実施しました。  (参加者:12名)

 始めに京都歴史回廊協議会の石谷会長より挨拶があり、その後妙心寺

 川島様よりお盆について、ご先祖様や今回のイベントで絵付けをする灯籠の

 役割などについて、お話いただきました。

  border=  border=

 その後坐禅について、足の組み方や座る姿勢、始まりと終わりの合図などを
 教えていただきました。

  border=  border=

 足を上手に組み、背筋をのばし、目を閉じてみます。1回目は8分ほど、
 少し休憩して2回目は7分ほど坐禅を体験しました。

   border=
 

  日頃気にも留めない音や気配を感じ、日常とは異なる時間を過ごせた
 ようでした。
 場所を移し、いよいよ灯籠絵付けです。好きな絵柄の描かれた紙を選び、
 お庭に向かって置かれた机にむかいます。色鉛筆などで一生懸命彩色
 したり、自分で絵を描いたり。時折お庭の景色を眺め、絵付けをしました。   

   border=  border=

  今回は新型コロナウイルス感染症感染拡大防止等の事情により、参加

  対象が御室小学校の児童のみとなりました。少ない人数ではありましたが、

  その分ゆったりとイベントを楽しんでいただけたように思います。

   border=  border=

  絵付けをした紙は、灯籠に仕立てられ、8月8日~12日の夜には灯が

  ともされる予定です。

2021/07/28 17:07

「伝統工芸体験 京せんす作りに挑戦」を実施しました。

   2021年7月17日(土)9:30より、立命館大学衣笠キャンパスに於いて

 小学生を対象としたイベント「伝統工芸体験 京せんす作りに挑戦」を

   実施しました。 (参加者:第一部28名+第二部29名=計57名)

  始めに、講師より京扇子作りの工程を実演を交えながらご説明いた

  だきました。
 
  border=  border=
   今回は表面に「鳥獣戯画」、裏面には抗菌・抗ウイルス加工を施した

 扇子地紙を使用し、「附け」と呼ばれる工程を体験しました。
 
  border=  border=
  集中力を要する扇子地紙に中骨をさしていく作業や、電熱で親骨を

 曲げる作業など、職人さんの丁寧な指導を随時受け、立派な扇子が

 完成しました。


  border=  border= 

     予定時間よりも少し早く製作を終えることが出来、その後様々な

 扇子の紹介をしていただきました。間近に扇子を見ながら、扇子が

 果たしてきた役割などを勉強しました。

  border=    border=

      今回はイベント規模を縮小しての開催でしたが、その分、日頃

 接することの少ない伝統工芸に携わる職人さん方との交流が多く

 持てたように思いました。参加者様方がうれしそうに出来上がった

 扇子をお持ち帰りになる姿がとても印象的でした。


2021/07/20 13:39

7/17 京の担い手育成事業「京せんす作りに挑戦」のご案内

京の担い手育成事業 伝統工芸体験
「京せんす作りに挑戦」開催のご案内

立命館大学衣笠キャンパスに於いて小学生を対象にしたイベント
「京せんす作りに挑戦」を開催いたします。

扇子職人さんから京せんすについてのお話を聞いた後、「鳥獣戯画
(ちょうじゅうぎが)」の絵柄の扇子を仕立てます。裏面には抗菌・
抗ウイルス加工を施した扇子地紙を使用しますので、口もとを隠して
お話をする時にもぜひお役立てください。

※このイベントは京都市教育委員会の後援をいただいております

開催日時: 2021年7月17日(土)

     【第一部】 9:30~12:00(終了予定)
     【第二部】14:00~16:30(終了予定)

場 所: 立命館大学 衣笠キャンパス

定 員: 各部30名(先着順)

対 象: 小学3年生~6年生
     *保護者同伴であれば小学1・2年生も参加可能

費 用: 1人 1000円(材料費・保険代込)

講 師: 清水商店 清水則雄氏ほか

「京せんす作りに挑戦」

お申込みは以下のアドレスから↓
https://ws.formzu.net/fgen/S53053464/

2021/06/28 16:08
 | HOME | Next »

ページの上部へ戻る