京都歴史回廊協議会

イベント紹介

京都歴史回廊らくたび散歩~祇園祭の中心地・山鉾町と京町家を訪ねて~

10月18日(土)、「京都歴史回廊らくたび散歩」が開催されました。
今回は、祇園祭の中心地、山鉾町と京町家を訪ねる散歩。
爽やかな秋晴れの京都は、まさにお散歩日和となりました。

祇園祭と言えば7月のお祭りですが、
季節外れの山鉾町を歩いてみると、意外にもそこここに祇園祭りを行うための用意がなされていました。
巡行の邪魔にならないように、道を渡す電線が地下に埋め込まれていたり、
山鉾や懸装品が収められている蔵や、町会所があったり。
お祭りを支える町の人々の思いを垣間見たような気がしました。
今回は山伏山町の方のご厚意で、特別にご神体やお道具が収蔵してある
蔵を見せていただきました。

参加者にインタビューしてみました。
ある男性は、
「今までに何度も歩いた町が、違って見えて面白かった。
山伏山の蔵に入らせてもらい、実際に使われている物を
手にとって見せてもらい、一生の経験となった。」
と大感激。

夫婦でご参加のお二人は、
「普段は通らないような細い道を歩けて面白かった。」
「解説が面白く、知らないところを見られて良かった。」
と満足していただけたようです。

歩いたコースは、次の通り。
ガイドさんの解説を、イヤホンで聴きながら、マイペースで歩きました。
大政所-繁昌(はんじょう)神社-菅大臣神社-岩戸山・船鉾・大船鉾の山鉾町
-杉本家住宅-膏薬図子(こうやくのずし)-郭巨山町-四条京町家-
放下鉾・南観音山・北観音山・八幡山の山鉾町-紫織庵(しおりあん)の見学-
了頓図子(りょうとんのずし)-鯉山町-山伏山の収蔵庫特別見学

らくたび散歩1

◇菅大臣神社の境内。ここは菅原道真の邸跡なのだそうです。


らくたび散歩3

◇船鉾の蔵が見えます!


らくたび散歩2
◇祇園祭の頃の船鉾。(7月12日撮影)


らくたび散歩4

◇この細い道は、膏薬図子(こうやくのずし)と呼ばれています。


らくたび散歩6

◇山伏山の収蔵庫を見せていただきました!


らくたび散歩5
◇祇園祭の頃の山伏山町家(7月16日撮影)

2014/11/05 11:25 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

ページの上部へ戻る