京都歴史回廊協議会

イベント紹介

伝統工芸に学ぶものづくり体験『京せんす作りに挑戦』

御室会館会議室にて、清水則雄氏(京扇子・清水商店)ほか3名の職人の方に講師を務めていただき、前半は、行事や生活の様々な場面で扇子が果たす役割を学び、扇子作りの場面を見せていただきました。

後半は、扇子作りの工程の一つである「附け(つけ)」(折り目をつけた扇面紙の隙間に息を吹いて膨らませ、そこに竹の骨を挿入)を体験しました。

仕上げは講師が仕上げを行い、参加者は自作の扇子を持ち帰りました。参加者は60名ですが、30名近くのキャンセル待ちが出るほどの人気企画となりました。

CIMG2222.jpg

CIMG2246.jpg

2015/07/26 11:13 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

ページの上部へ戻る