京都歴史回廊協議会

イベント紹介

第12回京都学セミナーを開催しました。

2016年4月24日(日)に、立命館朱雀キャンパス・多目的室において「文学は京都とどう向き合ってきたか」をテーマに、立命館大学文学部の中本 大教授に講演いただきました。

『万葉集』に代表される「大和」が、平安京への遷都により『古今和歌集』『源氏物語』に代表される「京都」に取って代わり、以降「京都」のイメージが現代に至るまで形成された経緯に参加者は真剣に耳を傾けていました。42名の参加がありました。

16042401.jpg





2016/04/24 16:48 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

ページの上部へ戻る