京都歴史回廊協議会

イベント紹介

第1回学生部会 今、よみがえる京都十刹 「妙光寺」 のご案内[2018/7/1]

7月1日(日)に開催されます
第1回学生部会 今、よみがえる京都十刹 「妙光寺」 
~風神雷神図屏風のふるさとを訪ねて

のご案内です。

 学生部会は、京都の魅力に触れることのできる学生限定の無料ウォークです。

 今回は、京福電鉄「宇多野駅」に集合、出発し、臨済宗建仁寺派「妙光寺」を中心に訪れ、尺八の献笛と坐禅体験をして頂けます。
 同寺は、1336年(延元元年)、後醍醐天皇が、足利尊氏により幽閉されていた花山院を抜け、吉野山へと向かう途中、「三種の神器」を持って仮眠のため立ち寄った寺です。

後醍醐天皇が滞在された時に三種の神器を仮安置していたという部屋は、「神器の間」として今もその名残りを伝えています。
また、同寺は、建仁寺所蔵の「国宝『風神雷神図屏風』俵屋宗達筆)」が本来あった寺です。
同寺では、「神器の間」のある方丈にて、住職に縁起等についてご講演いただきます。

 境内を散策した後、同寺を後にし、浄土宗・捨世派「西寿寺」を訪れます。少し高台にある同寺から見える美しい洛西の風景をお楽しみいただきます。実は、多くのテレビドラマや映画のロケ地としても、有名なお寺です。

そして、最後に、宇多天皇の母である班子皇后を祀る「福王子神社」を訪れて解散とする予定です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みは、HP下記フォームにて承っております。

https://ws.formzu.net/fgen/S57617183/

※定員は20名、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。


201806071711195ba.jpg20180607171120ecf.jpg

2018/06/07 17:20 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

ページの上部へ戻る