FC2ブログ

京都歴史回廊協議会

イベント紹介

第9回京都歴史回廊協議会らくたび散歩「近代建築と権力者のエリアへ 七条通」を実施

2020年9月13日(日)13時から第9回京都歴史回廊協議会らくたび散歩
「近代建築と権力者のエリアへ 七条通~新旧歴史が交差した京都の魅力を味わう~」
を実施した(参加者28名)。

 参加者はJR丹波口駅に集合し、当会幹事であり当企画の案内役で
ある山村純也・株式会社らくたび代表取締役から行程概要の説明を
受け、スタートした。

一行は、京都6花街の一つとされた島原を訪れ、その名前の由来と
歴史的、文化的価値について学んだ。

 border=   border=

その後七条通に出て西進し、権現寺を訪れた。同寺には保元の乱で
崇徳上皇方の主力として戦ったが敗北し、対する後白河法皇方に
ついた長男義朝によって処刑された源為義公のお墓があった。
無念の死を遂げた為義公に黙とうを捧げ、一行は踵を返して一路
七条通を東進し、龍谷大学大宮キャンパスの建物等、七条大宮
以東に数多く残っている近代建築を歩道から見学した。

 border=   border=

そして七条高倉南東の慶派の仏所跡、七条大橋西詰の松明
殿稲荷神社を見学した後は、いよいよ豊臣秀吉の京都における
三大拠点(伏見、聚楽第、方広寺)の一つ方広寺の遺構へと
向かった。現在の同寺は当時と比べて規模的に縮小されている
が、当時は三十三間堂をも含む鴨川以東一帯に築かれた大伽藍
であったと山村氏から説明があった。想像の域を超える内容に
一行は戸惑いを見せたが、大阪城の石垣を彷彿させる巨大な
石垣や三十三間堂の南限に遺る巨大な方広寺南大門と塀を
確認し、その権力の大きさを実感するとともに、先の山村氏の
説明を理解することができた。
その後東大路通に出て終着点である真言宗智山派総本山
智積院に到着した。

 border=   border=

同寺ではその歴史を学ぶとともに、長谷川等伯一派によって
描かれた国宝障壁画や利休好みの庭と伝えられている庭園
等を見学した。
最後に、山村氏から同寺は紅葉の季節や紫陽花の季節が
美しく、あらためて拝観する価値のあるところである旨
推薦があり、散会となった。
 なお、今回のらくたび散歩には12名の立命館大学の学生・
院生の参加があった。
京都で学ぶことの付加価値を実感しながら、学生生活を送って
くれることを心から祈念している次第である。

2020/10/20 18:00

ページの上部へ戻る