京都歴史回廊協議会

イベント紹介

「地域アドバイザーボランティア」の認定式が行われました!

 2013年5月28日(火)午後5時から立命館大学文学部長室において「地域アドバイザーボランティア」の認定式が行われました。
 これは昨年5月に締結された「京都歴史回廊協議会と立命館大学文学部との地域アドバイザーボランティア制度に関する協定書」に基づいたものであり、本会の会員で文学部が配当する3年間の科目を聴講生として修了すれば、選考のうえ「地域アドバイザーボランティア」として認定され、学生の研究や授業に協力していただくことになります。また、地域や本会の活動にも主体的に参加していただきます。
 今年度は「現代GPに基づく『京都歴史回廊プログラム』」(2006年採択、2011年度末終了)修了者である丸野保雄氏、細田茂樹氏、櫻井昇氏、中嶌悌一氏の4名が認定されました。京都学専攻の先生方に囲まれる中、終始和やかな雰囲気で桂島宣弘文学部長から認定書が一人ひとりに受け渡されました。式終了後は場所を移し、京都学専攻の教員の方々と新しくアドバイザーボランティアになられた皆さんが懇親を深めました。
 今年前半期は学生との顔合わせ的な取り組みを行い、後半期から京都学専攻の共同研究室で学生の研究の協力を行ったり相談を受けたりすることになります。社会人としての経験を存分に活かして、学生成長に大きく寄与することになるでしょう。
 今年度も後期から「地域アドバイザーボランティア」を養成する聴講を受付けます。興味のある方は事務局までお問い合わせください。

2013/05/30追記
立命館大学のHPにも記事がアップされました。
ここをクリックすると該当記事へ移動します。

ab1.jpg
ab3.jpg
ab2.jpg

2013/05/29 17:26 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

ページの上部へ戻る