京都歴史回廊協議会

2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度

イベント紹介

「子ども文化塾」が開催されました!

1月25日(土)、花園大学にて子ども向け企画「子ども文化塾」が開催されました。小学校3年生~6年生の子どもたちが、博物館資料について「本物」の土器や掛け軸に実際に触りながら学ぶ企画。花園大学の先生・院生・学部生のみなさんには指導にご協力いただきました!

最初に院生・学部生のみなさんによる簡単な講義と拓本採り体験をしました。まずは小さめで簡単な小銭から。寛永通宝や中国の通貨など本物の昔のお金を扱います。初めての作業に最初は戸惑い気味でしたが、院生・学部生のお兄さんお姉さんに手伝ってもらいながら、作業に慣れてくると鏡、土器と大きな資料の拓本も採れるようになりました。

その後、昼食をはさんで、花園大学歴史博物館へ。大きな埴輪、土器、掛け軸などを解説してもらいながら鑑賞しました。午前中に触ったからか、土器のブースが気になる子ども達が多かったように思います!

最後は掛け軸を箱から取り出し、展示し、また箱に戻すまでの取扱体験。掛け軸をまっすぐ掛けたり、「竹の子状」にならないようにきれいに端が合うよう巻いたり、集中力がいる作業です。たっぷり時間をとっていたのですが、先生たちも「大人より早い」とびっくりするくらいテキパキ終わらせてしまう子どもが多く、予定より早く終了することができました。

子どもたちに一言ずつ感想をもらったのですが、拓本採りや資料に触れる体験ができて楽しかったという言葉をたくさんいただきました。

今後も子ども達が「本物」に触れる体験ができるよう、こうした企画を続けていきたいと思います!
k-bunka-2.png
ko-bunka-3.png
ko-bunka-4.png
ko-bunka-6.png

2014/01/27 17:01 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

ページの上部へ戻る