FC2ブログ

京都歴史回廊協議会

イベント紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

第16回京都学セミナー開催のご案内[2018/5/19]

第16回京都学セミナー「京都とキリスト教―その意外な姿―」
を開催いたします。


2018年5月19日(土)
第16回京都学セミナー
「京都とキリスト教―その意外な姿―」
を開催いたします。

京都というと神社仏閣の都市というイメージが強いが、現代でも市内の至るところにキリスト教の教会の他、
キリスト教系の学校や病院も存在する。京都のキリスト教について、戦国時代から近現代まで概観し、
その意外な姿を紹介していきたい。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳細は、 下記のチラシをご覧ください。
20180323185138e0d.jpg201803231822379c9.jpg

大変申し訳ありません。チラシに記載されているアドレスに誤りがありました。
こちらからよろしくお願い致します。
https://ws.formzu.net/dist/S14381593/

※定員は80名、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。

2018/03/23 18:50 | コメント(0)

第29回歴史回廊ウォークのご案内[2018/4/22]

第29回歴史回廊ウォーク「山国隊」の故郷 京北を訪ねて
を開催いたします。

2018年4月22日(日)
第29回歴史回廊ウォーク
 「山国隊」の故郷 京北を訪ねて
を開催いたします。

時代祭で「錦の御旗 」をかかげ勇ましい鼓笛の音とともに
行列の先頭をゆく【維新勤王隊】のモデルとなったのが【山国隊】です。
武士ではなく丹波の一山村の農民にすぎなかった彼らが、倒幕という巨大な
政治のうねりに加わり歴史の表舞台に躍り出る事になったのはなぜでしょうか。
農兵隊の果敢な戦いと栄光を偲びつつ花降る里 京北を歩きます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳細は、 下記のチラシをご覧ください。
20180323182116e8d.jpg20180323182118eda.jpg


https://ws.formzu.net/fgen/S65754851/

※定員は40名、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。

2018/03/23 18:40 | コメント(0)

第15回京都学セミナー開催のご案内[2018/2/24]

2018年2月24日(土)、
第15回京都学セミナー
「華族制度と授爵規準の変遷
       ─京都の旧公家社会を中心として─」

を開催いたします。

明治維新後、明治政府は身分制の再編に着手し、明治2年(1869)6月に
「華族」の族称が定められました。しかし、華族になれなかった者も少なくなく、
編入された自らの身分に不満をいだき、「華族」の爵位を求めるという身分
昇格運動が続出しました。京都の旧公家社会も例外ではありませんでした。

今回の京都学セミナーでは、
「華族制度」という視点から京都の歴史を考えてみたいと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳細は、 下記のチラシをご覧ください。

20180224-1.jpg20180224-2.jpg

お申し込みは、HP下記フォーム・FAXにて承っております。
https://ws.formzu.net/dist/S14381593/

※定員は50名、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。

2018/01/31 16:57 | コメント(0)

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」 が開催

東京国立博物館にて、
特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」

が開催されます

平成30年1月16日から3月11日まで、東京国立博物館の「平成館」に於いて、
「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」と題する特別展が
当常任幹事でもあります仁和寺主催で開催されます。
ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

詳しくは
http://ninnaji2018.com/

↓クリックすると拡大します。
ninnaji-omote.jpg

ninnaji-ura.jpg

2018/01/11 16:18 | コメント(0)

「はじめての坐禅」開催のご案内。

立命館文学部インターンシップ企画
「はじめての坐禅」

を開催いたしました。


立命館大学文学部の授業として開催されるインターンシップの今年度の学生は、
例年に比べて少ない3名でしたが、抜群のチームワークで企画を行っていきました。

いつもはウォークが主ですが、今年度は妙心寺を散策した後に、塔頭の養徳院での坐禅と法話の体験をメインに行いました。学生9名を含む27名の参加があり、学生の参加率は近年にない高さとなりました。
副住職のお話には、皆さん強く印象に残られました。強いメッセージを含意しており自分の生活を見直すきっかけにしたいとおっしゃる方が多くおられました。
また、もちろん坐禅も初体験の方が多く良い経験となったようです。
今回は、椅子坐禅も可能として頂いたので参加できましたとお話される方も複数人いらっしゃいました。


20171201zazen1

20171201zazen2

20171201zazen3

20171201zazen4

20171203zazen-omote20171203zazen-ura

2017/11/20 10:29 | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »

ページの上部へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。